ハワイ留学するなら信頼と実績のハワイ留学支援センターへ

  • instagram
  • facebook
  • twitter
  • line
  • wechat
0800-600-4923
アクセスマップ

【お金の管理もこれで安心】ハワイの銀行口座と利用バンクの選び方

2020.03.03

Aloha

 

高校卒業を控え、5月、8月から渡航のみなさんも渡航準備を始める時期になりました。
そこで!今回は長期留学をされる皆さんが気になる、「ハワイの銀行」についてご紹介致します。

 

今回ご紹介する3つの銀行はどれもハワイでは有名な銀行です。
ざっくり特徴などを説明して行きたいと思います。

 

 

①「ファースト・ハワイアン・バンク」

 

ファースト・ハワイアン・バンクはハワイで最も古い銀行です。まず、留学生やハワイ初心者さんにおすすめしたい支店はワイキキの店舗。ファースト・ハワイアン・バンクのワイキキ支店の場所はカラカウア通りの免税店斜め前にあり、誰でも簡単に足を運ぶことが出来て便利な立地です。

入り口付近に順番待ちの用紙があるのでそこに名前を書いて待っていると、順番が来たらスタッフさんが名前を呼んでくれます。

ファースト・ハワイアン・バンク
https://www.fhb.com/jp/

 

②「セントラル・パシフィック・バンク」

 

こちらの銀行は日系人によって作られた銀行だそうです。こちらもワイキキ内にあり、シーサイド・アベニューにあるみんな大好きロスドレスフォーレスの並びに支店があります。注意してみないと見過ごしてしまいそうなほど小さめの店舗ですが、アットホームな雰囲気でとても利用しやすいです。

 

どうしても大きい支店だとずっと待っていても声をかけてもらえなかったり…でもこちらのワイキキ店はコンパクトなのでスタッフさんがすぐ声をかけてくれるのも嬉しいポイントです。

 

セントラル・パシフィック・バンク
https://www.cpb-jp.com/

 

③「バンク・オブ・ハワイ

 

歴史ある銀行で、ハワイ州以外にもグアムやサイパン、パラオにも支店があるそうです。バンク・オブ・ハワイもワイキキ内に店舗があり、カラカウア通りのワイキキビーチウォークの近く、ロングスドラックス並びにあり、こちらも行きやすい場所にあります。

 

実はこちらのポイントは、ATMが銀行内にあるという点です!多くのATMは外の道沿いなどにATMが設置されている場合が多いのですが、バンク・オブハワイワイキキ支店は銀行の中にATMがあるのでお金を引き出す際などとても安心です。

外にあるATMを使う時は周りの安全を意識する必要があるので、銀行内にあると本当に安心してお金を引き出したり出来るのでおすすめです。

 

バンク・オブ・ハワイ
https://www.cpb-jp.com/

 

 

今回はざっくり3つの銀行を紹介しましたがいかがだったでしょうか。
ハワイには様々な銀行があるのがお分かりいただけたと思います。しかし実際自分がどの銀行でどのように手続きをすればいいのか、分からないという方も多いと思います。

 

特に高校を卒業したてで留学をされる方などは、「日本での口座も自分で作ったことがない」という方も多いです。そんな中いきなり一人で海外で自分の口座を作って管理するとなるとパニックになるのも必至。

 

正直難しそうだからなるべく避けたい・・・

 

と思うかもしれませんが、実はコンドミニアムの家賃を支払う方や大学でアルバイトをする方、OPT就労をしたい方、日本から生活費などの送金をしたい方はこの銀行口座開設が必要になります!

 

そこで、この記事をご覧の皆さんに質問です!

 

① 英語が苦手な渡航直後に、海外の口座開設をお1人ですることに不安はありませんか?

 

② 日本では馴染みのない「小切手」の作り方や使い方に不安はありませんか?

 

③ アメリカの銀行口座では実は「Saving Account」「Checking Account」などいくつか使い方によって口座の種類が分けられています。どのアカウントを作り、どのように使い分けるか不明点はありませんか?

 

④ ATMの操作方法や利用場所、利用する際の注意点に不安は不明点はありませんか?

 

1つでも「ある」と思ったなら、弊社現地サポートをお付けいただくことをおすすめします。

 

HECハワイ留学支援センターの現地サポートにお申込みの皆様には、弊社現地スタッフがいずれの銀行でも口座開設の同行、通訳、小切手作成のお手伝い、ATM操作方法の案内など、大切なお金の準備に関わるサポートやアドバイスが可能です。

 

HEC現地スタッフのオススメは、初めての方はご自身の滞在先の比較的近くに支店やATMがあるかでメインバンクを決めるという方法です。最初は日本語で対応してもらえることのあるワイキキ周辺の支店で口座を開設し、その後慣れたら、滞在先や学校、職場の近くの支店を利用するのが便利です。

 

Mahalo!