HOME >> HECが支持される理由 >> 現地生活サポート


留学支援センターでは学生がハワイに到着する以前にセキュリティーが万全で通学にも便利な家具付のアパートやホームステイ先を用意しています。渡航前に滞在先住所と部屋の詳細が分かりますので、あらかじめ生活計画をたてることができて安心です。


空港到着に始まり、滞在先での銀行口座や電話開設、ツベルクリン接種、インターネット開通、病院紹介、自動車による買物など様々なご要望について日本ではなく現地ハワイのアドバイザーが対応いたします。24時間いつでも電話緊急対応が可能です。また事故やトラブル時などのアドバイスや病院・弁護士の紹介なども行っています。


留学支援センターのアドバイザーは月に1度は必ず学生にお会いして学業と生活状況を常に確認させていただきます。その結果はお写真と一緒に日本のご家族にレポートしています。


自分の夢を実現してこそ成功した留学と言えます。留学支援センターでは、渡航前よりも現地生活のサポートが重要だと考えています。学生が新たな異文化での暮らしになじめるか、大学での勉強に問題はないか、進路の選択に間違いはないか等、渡航後も様々なアドバイスでお役にたちます。そのためサポート期間は渡航後3年間と規定しました。勿論延長も可能ですので、その際にはご相談いただけます。


卒業後は英語や専門知識を活かして日本企業は勿論、世界中の企業へ就職の道が開けています。学生時代から目的を持って学ぶ大切さは言うまでもありませんが、それでも望み通りの仕事を見つけるにはやはり情報がものを言います。ハワイ州高等教育機関 留学支援センターでは、国際的な就職サポート企業との提携により、卒業後は日本での就職が実現できるように、きめ細やかなサポート体制を整えています。また、現地ハワイでもOPT(卒業後トレーニング)就職の相談にも応じています。


高瀬禎広プロフィール:
フロリダ大学(BSBA)、サンダーバード国際経営大学院(MBA)卒業後、Deloitte & Touche Tohmatsu LLP, Los Angeles事務所にて、在米日系企業に対する会計監査業務に従事。日本へ帰国後、PricewaterhouseCoopers Consultantsにて戦略コンサルティング業務を通して、日系、外資系グローバル企業をサポート。その後、外資系金融機関2社にて米国社債投資、金融派生商品の分析、不良債権の価値評価、デューデリジェンス、アセットマネジメントなどの業務に従事。現在はキャリアコンサルタントとして、外資系クライアント企業とバイリンガル候補者のサポートを行う。

私の留学のきっかけは、語学とスポーツを学ぶことでした。現地ではそれらを通して、異なる文化、考え方、やり方等に、実生活の中で触れることが出来ました。この体験は現在ビジネスの場でも非常に役に立っています。留学後のサポート・アドバイスはお任せ下さい!

POINT4. 留学生メッセージへ >> 

このページのトップへ