ハワイ留学するなら信頼と実績のハワイ留学支援センターへ

  • instagram
  • facebook
  • twitter
  • line
  • wechat
0800-600-4923
アクセスマップ

ハワイでパティシエやシェフを目指す「料理留学」

2020.02.13

Aloha!

ハワイといえば観光学や外国語教育などが有名ですが

実は「Pastry Arts」「Culinary Arts」と呼ばれるお菓子や食事を作る調理学も人気です。

 

 

 

 

特に2年制大学のコミュニティカレッジは、

専門学校のようなイメージで約2年間でしっかり技術を身に着けることで

必ずしも4年制大学に進まなくてもその後の就職に生かせるという選択肢があります。

 

★調理学部で開講されているクラスの一例★

・Baking(ベイキング)

・Dining Room Service(ダイニングルームサービス)

・Continental / Asia・Pacific Cuisine(ヨーロッパ/アジア・パシフィック地域の料理)

・Sanitation and Safety (衛生と安全)

・Menu Merchandising(メニュー作成)

・Hospitality Management (ホスピタリティマネジメント)など

 

レストランや調理関連の職場で働くために必要な知識や技術を実践的に学ぶコースが中心です。

 

 

 

在学中にインターンシップやコンテストへの出場機会もありますし

カフェテリアやキャンパス内のレストランで実際に自分の作った料理を提供することも。

 

 

 

特にこの調理分野が有名なのは

ハワイではオアフ島にあるKapiolani Community College(カピオラニコミュニティカレッジ)

毎年全米のコンテストに出場し、過去には全米2位に輝いたこともある名門です。

 

 

また留学生の場合、調理学部を卒業した後にOPTと呼ばれる有償インターンシップ制度を使い

最大12カ月間アメリカ国内のレストランやその他関連施設で働くことが出来ます。

卒業後には、ワイキキをはじめとする米国内の観光地や有名レストランで

自分の技術を生かすチャンスがあるというのも大変魅力的ですよね。

 

また、カピオラニコミュニティカレッジの場合、

2年制を卒業せずCertificate of Achievement(CA)と呼ばれる短期コースの修了でもOPT制度への参加も可能。

「2年は長すぎるけど、限られた時間で専門的な勉強とインターンシップをしたい!」という方は

CAであれば最短1年半程度(※個人差あり)でコースが終了できる場合も。

 

手に職をつけ、アメリカの実際の現場で働きその経験を活かし将来的に国内外で活躍する。

とっても素敵なキャリアプランだと思いませんか?

世界で活躍するには英語力も不可欠。

ハワイで英語と専門的な技術を同時に身に着ける留学のひとつである「料理留学」を

ぜひ検討してみてください♪

 

 

 

★調理が学べるハワイのカレッジ一覧★

※学校名をクリックすると各学校詳細へ飛びます。

①Kapiolani Community College

②Hawaii Community College

③University of Hawaii Maui College

④Kauai Community College

 

 

具体的な留学プランのご相談や資料のご請求は、下記のボタンよりお申込ください。

Mahalo!