ハワイ留学するなら信頼と実績のハワイ留学支援センターへ

  • instagram
  • facebook
  • twitter
  • line
  • wechat
0800-600-4923
アクセスマップ

ハワイ生活の気候と服装

 

 

ハワイへの渡航が慣れているという方にも、留学のような年単位の長期滞在は未経験という方は多いかと思います。留学では場合によっては数年間の滞在にもなることから、気候・服装といった基本的なことは留学開始前に把握しておきたいですよね。また、島によっても注意点は異なるので、ここでは改めてハワイの環境と気をつける点をご紹介していきます。
 
ハワイ諸島は亜熱帯気候帯に属しており、年間を通して温度差が少ないのが特徴です。5月から9月は夏季(乾季)で、平均気温は23~31℃、10月から4月の冬季(雨季)でも18~28℃ですが、実はハワイ島の山頂では降雪することもあります。
 

夏季(乾季)は雨が少なく、ハワイ独特のカラっとした晴天が続くので、日中も朝晩も特に服装を変える必要はないのですが、冬季(雨季)になるとやはり雨が多くなるため、夏服にひとつ上着が必要になります。少し冷え込む朝晩や雨が降ったときなどには、パーカーやカーディガン、ウィンドブレーカーなどがあると良いでしょう。雨と言っても日本と違い短く降るスコールが多いため、日傘同様現地の人は雨が降ってもあまり傘をさしません。特にハワイ島は断片的な雨が多く、折りたたみ傘など手軽な雨グッズは便利でしょう。 

 

ハワイは常夏で、基本的に一年中夏服です。一年中温暖な気候で朝晩は過ごしやすいですが、日中は真夏のように日差しがきつく、気温も上昇します。ビーチでは、日焼け止め、サングラス、帽子があるほうが良いです。ただ、日本人女性が好む日傘を差すという習慣がないため、日焼けが気になる方は帽子をかぶるのもいいでしょう。
 

また、長期滞在ならではの年中温暖な利点は、「服代が節約できる点」です。
実際長く滞在している留学生も、服代はあまりかかりません。当然冬も高いコートや防寒具は必要ありません。ただし冬になると朝方は少し冷え込むことはあります。その他バスや公共施設の中は冷房が強いこともあるので、薄手の羽織ものは準備しておくと良いでしょう。

ハワイのレストランなどでは、一般的には普通の夏服でよいのですが、高級なレストラン、ディナーショーに行くとなると、男性は襟付きのシャツまたはアロハシャツ、女性はきれいめなワンピースまたはムームーなどがあると便利です。
 
服は滞在中毎日のことなので、気候に合った服で快適に過ごせるように準備をして出発しましょう。

  • メール相談&お見積り
  • 無料カウンセリング予約
  • 資料請求はこちら
  • 説明会申込み
  • 運営事務局
  • 関連サイト