ハワイ留学するなら信頼と実績のハワイ留学支援センターへ

  • instagram
  • facebook
  • twitter
  • line
  • wechat
0800-600-4923
アクセスマップ

大学の種類

選択肢の多彩なアメリカ大学留学

アメリカ大学教育にはいくつか種類があります。
自身の英語力や希望の留学スタイル、卒業後の目標などによって候補となる大学は変わります。
大きく3つに分類し、日本ではあまり馴染みのないアメリカの大学の種類をご紹介します。

                                                                                                                                                             

 

■ Community College(2年制大学)

コミュニティカレッジは日本でいう短期大学にあたる公立の2年生大学であり、修了すると「準学士号」(Associate Degree)の資格を取得することができます。求められる入学条件や学費が4年生大学よりも低いのが特徴で、学費はおおよそ4年生大学の3分の1程度になります。また、1クラスの規模は多くても30名ほどなため、フレンドリーな環境で学ぶことができます。ハワイ州内には7校あり、ハワイ大学をはじめとした4年生大学へ編入する学生も数多く在籍しています。

 

 University(4年制大学)

ユニバーシティは公立・私立の4年生大学になります。修了すると日本の4年制大学と同じく学士号( Bachelor’s Degree)を取得できます。一般的に学校施設の規模やクラスの人数も多く、勉強も難しくなります。

留学生にはコミュニティ・カレッジからの編入が人気です。一方直接入学を目指す場合は、高い英語力や現地学生も受ける共通テストのスコアなどが必要になります。また、将来の進路によってはさらなる大学院進学を目指す留学生もいます。

 

 Graduate School (大学院)

学士号取得後に進学する大学院になります。修了すると修士号・博士号を取得することができます。
特定の分野における専門知識を高めていく学校になるため、入学には
高度な英語力に加え、論理的なエッセイやこれまでの研究成果の提出が求められます。経営のプロを目指すMBA(Master of Business Administration)プログラムは、社会人のキャリアアップとしても特に人気です。

  • メール相談&お見積り
  • 無料カウンセリング予約
  • 資料請求はこちら
  • 説明会申込み
  • 運営事務局
  • 関連サイト