ハワイ留学するなら信頼と実績のハワイ留学支援センターへ

  • instagram
  • facebook
  • twitter
  • line
  • wechat
0800-600-4923
アクセスマップ

英語力ゼロからのハワイ大学進学

英語力ゼロでもハワイ大学に進学が出来る!

アメリカの大学に留学して卒業した人は、昔からきっと英語が得意だったんだろう、と思ったことはありませんか?もちろんそういう方もいらっしゃいますが、実は英語が苦手な「英語力ゼロ」から留学をして、立派に大学を卒業されている方も多くいらっしゃいます。 

英語力が不足していても、留学を諦める必要はありません。その仕組みと方法をご紹介いたします。

                     
                

コミュニティカレッジ以上の教育機関では、留学生に対して英語スコアの提出を出願条件としている学校が多くあります。一般的に英語のレベルはTOEFLなどの試験のスコアを基準に判断されます。コミュニティカレッジであればTOEFL iBT 61点以上、IELTSであれば5.0~5.5以上が相場ですが、志望大学や学部によっても前後します。その他にも近年日本の英検を英語力証明として受け付けてくれる大学も増えてきました。

 

                                          
しかし「英語スコアがない」・「そもそも英語が苦手」という学生でも、実はこれら英語スコアがなくても大学・大学院の合格内定を得る方法があります。それは「条件付き入学」という制度を上手く活用するという方法です。

 

「条件付き入学」とは、学力やその他の条件が基準以上であれば、英語スコアなしでも学校から合格内定を得ることができるシステムです。語学学校や大学付属の英語プログラムで指定のコースを修了することを条件として、予め大学から合格内定をもらい、まず語学プログラムに留学して条件を満たしてから大学に入学する方法を、条件付き入学と呼びます。 

                    
             
             

メリットとしては、日本で入学手続きを終えて出発できるので、渡航後は英語力上達のため勉強に専念できる点や、進学先を確定して渡航できるためご自身・ご家族としても安心感が増す点などがあります。また、早めに渡航することで「英語で学ぶ」という環境に早くから慣れることが出来るため、条件付き入学で入学した学生の方が、直接大学に進学した学生よりも総合的な英語力がしっかり身についているといった例も多くあります。

留意点としては、英語力の伸び次第で渡航期間が前後する可能性があることや、早くからの滞在になるためその分滞在費用が必要となる点などがあります。
              

英語がとても苦手だったけれど、語学学校で英語力を身に付けて無事大学を卒業した、といった学生は多くいらっしゃいます。対象校や入学条件など詳細に関しましては、カウンセラーまでお気軽にお問い合わせください。

  • メール相談&お見積り
  • 無料カウンセリング予約
  • 資料請求はこちら
  • 説明会申込み
  • 運営事務局
  • 関連サイト