ハワイ留学するなら信頼と実績のハワイ留学支援センターへ

  • instagram
  • facebook
  • twitter
  • line
  • wechat
0800-600-4923
アクセスマップ

ハワイ基本情報

ハワイ基本概要と留学情報

 

   

ハワイとは主要8島(オアフ、ハワイ、マウイ、カウアイ、ラナイ、モロカイ、カホラヴェ、ニイハウ)と120もの島々で構成されているアメリカ合衆国50番目の州です。アメリカの一部でありながらアジアとアメリカ本土の間に位置していることもあり、アジア系民族が多数派を占めている州でもあります。また、オアフ島ホノルルをはじめ、世界中から観光客が訪れるハワイ州の主産業は観光業。それに伴い大学以上の教育機関でも観光学やホスピタリティ・ビジネスを学ぶ学生も多く在籍しています。その他自然豊かな土地を活かした海洋学・天文学・地質学といった学問分野も、ハワイならではの学びを提供しています。
    
ハワイの公用語
ハワイ州の公用語は英語とハワイ語。日常の使用言語は基本的には英語となるが、大学ではハワイ語を学問として学ぶ機会も提供されているほか、ハワイ語の保護運動なども行われています。ワイキキ周辺では日本語が通じるお店もありますが、ローカルな地域に足を伸ばしたり、大学学部コースへ進学後などは、使用言語はもっぱら英語になるため、自然と英語力が身に着く学習環境があります。


ハワイと日本の時差

ハワイは日本より19時間遅れています。「ハワイ時間=日本時間+5時間-1日」で計算すると簡単です。
例えば日本が正午なら、ハワイは前日の夕方17時となります。連絡を取り合う際は、互いの時間を考えた連絡手段をとりましょう。
   
ハワイの気候
亜熱帯気候帯に属するハワイ諸島は、年間を通して温度差が少ないです。夏季 (5~9月) の平均気温は23~31℃、冬季 (10~4月)は18~28℃でハワイ島の山頂では降雪もあります。日本に比べ湿度が低くカラッとしているため、暑い季節でも快適に過ごせます。また、年中温暖なため服代が節約できます。実際、長く滞在している留学生も、服代はあまりかかりません。冬になると朝方は少し冷え込んだり、バスや施設の中の冷房が強いといった場面もあるので、簡単に羽織れる長袖などがあると便利です。
   
ハワイの通貨・州税・お金について 
ハワイの通貨単位はアメリカドルとセントです。レートは、その日によって変わる変動相場制です。
アメリカ合衆国なので、他州と同じくチップを渡す文化があります。日本人には馴染みが薄い文化ですが、現地のサービス業の方は、チップを重要な収入源として捉えています。もちろんサービスの質にもよりますが、価格の15%~20%が相場です。チェックの際レシートにパーセントごとのチップの相当額が記載されていて、自由に選ぶ形の支払い方法なども見られます。チップはアメリカに根付いた文化ですので、担当が付くようなサービスを受けた際はきちんと支払うようにしましょう。

       

流通貨幣
主に流通している現金は、紙幣が1、5、10、20、50、100ドルの6種類。
硬貨が1セント(通称ペニー)、5セント(ニッケル)、10セント(ダイム)、25ント(クウォーター)の4種類です。アメリカでは、少額の支払いでもクレジットカードや小切手を使用するのが一般的なので、高額な現金は防犯も兼ねて持ち歩かないようにしましょう。
  
■州税

日本の消費税同様、ハワイで物を購入したり飲食をした場合は、4.166%の州税が加算。ただし、オアフ島のみ、州税は4.712%になります。
   
ハワイの物価
アメリカ本土から商品が運ばれてくるハワイでは、輸送コストが上乗せされるため本土の平均に比べて物価は高め。また、観光客が集まるワイキキのエリアではローカルエリアよりも価格は割高になります。滞在先の家賃もワイキキ周辺のコンドミニアムは近年高騰している傾向があるため、留学生は友人とシェアハウスをして家賃を抑えたり、自炊をして生活費を抑えるなどの工夫をしています。

  • メール相談&お見積り
  • 無料カウンセリング予約
  • 資料請求はこちら
  • 説明会申込み
  • 運営事務局
  • 関連サイト