ハワイ留学するなら信頼と実績のハワイ留学支援センターへ

  • instagram
  • facebook
  • twitter
  • line
  • wechat
0800-600-4923
アクセスマップ

カピオラニコミュニティカレッジ(KCC) 
出願英語スコアと入学後の付属英語コースの仕組みについて

 

 

  
オアフ島に位置するカピオラニコミュニティカレッジ(KCC)は、ハワイ大学機構のコミュニティカレッジ全7校の内、最も規模の大きい学校になります。年間を通して全校生徒おおよそ8000~9000人弱ほどのKCCは、現地学生のみでなく留学生の受け入れも最も多い学校です。そのため、学校側でも留学生の受け入れ態勢が整っており、留学生向けの英語教育コースのシステムが設けられ機能しています。
ここではKCC出願に必要な主な英語スコアと、入学後のESOLプログラムと呼ばれる留学生向けの英語コースについて紹介いたします。
まず、ハワイのカレッジ・ユニバーシティに留学生が出願するには、一部の学校・コースを除き一定以上の英語スコアが求められます。KCCの場合、受け付けている主な英語試験とスコアは以下の通りです。
 
図1
 

KCCの入り口は、付属英語コースESOLの修了を条件とする「条件付入学」と、単位を認定され学部コースの授業を受けることができる「正規学生」に分かれています。日本で馴染み深い英検を例に挙げると、条件付入学の場合はなんと英検準2級から出願が可能です。TOEICでも430点以上、TOEFL iBTも32点以上なので、日本で英語を勉強してきたという学生でもこの要件を満たしている方は多くいらっしゃいます。
正規入学となると要求されるスコアは英検の場合2級A判定以上、TOEICは 650点以上というように高くなります。このレベルになると、語学学校に通い同等レベルの英語力をつけて入学する学生も珍しくありません。次に、KCCは入学後の留学生に対して、授業についていけるように一定期間複数の英語コースが設けられており、学生はこの期間英語力を着実に上げつつ学部の授業を複数履修していく形をとります。

  
付属英語コース ESOL進級と学部授業履修チャート】
 

図2
 

    
こちらの図は付属英語コースESOLの進級の仕方を示したものです。条件付入学の英語スコアで出願し、入学するコースはこの図のESOL197というコースになります。ESOL197はNon-Credit、つまり単位がもらえません。また、こちらに所属しながら同時に学部のコースを受講することも出来ないので、このコースはあくまで付属英語コースの学生としての扱いになります。
  
一方正規入学条件を満たす英語スコアで出願して入学する場合、図2のESOL94に入学することになります。ESOL94は正規のKCC学生なので、ESOL94のコースも7単位分が卒業要件単位として認められます。また、各コース名に並ぶのグレーのCollege Courseとは学部の授業を意味します。すなわち、ESOL94の学生は英語の授業を受けながら同時進行で好きな学部の授業を受けることができます。留学生は米国の学生ビザステイタスを保持するために1ターム12単位以上の履修が必要なので、残り2つ分好きな授業を履修することができます。
  
ESOL197とESOL94の大きな違いはこの単位の有無と学部授業の履修にあります。
早く単位がもらえる、ということは、獲得単位数が卒業時期を決するアメリカの学校において早く卒業することにつながります。特に4年制大学への編入を目指す人や、早くKCCを終えてOPTに挑戦したい人にとって、早めに卒業して次のステップに進めるのは非常に魅力的な特徴の1つです。
 
留学生の受け入れに慣れているKCCの利点は、このESOLというシステムが明解で、正しく機能している点です。さらにこのESOLシステムには、学生側も自身の留学プランや進学の予定を立てやすいというメリットがあります。ハワイ大学機構の中には、付属英語コースへの出願には英語スコアを全く求めない学校もありますが、KCCのESOLの場合最低限の英語力をしっかり付けてからの入学となるため、やはり4年制大学への編入に適したカレッジと言えるでしょう。
 
 KCCへの進学方法や入学するコース、出願に利用する英語スコアなどは、人によって大きく最適な形は異なります。より詳しいコースのご案内やご相談をご希望の際は、お気軽にHECハワイ留学支援センターのカウンセラーまでお問い合わせください。

 

  • メール相談&お見積り
  • 無料カウンセリング予約
  • 資料請求はこちら
  • 説明会申込み
  • 運営事務局
  • 関連サイト