ハワイ留学するなら信頼と実績のハワイ留学支援センターへ

  • instagram
  • facebook
  • twitter
  • line
  • wechat
0800-600-4923
アクセスマップ

ハワイ小中高留学 渡航前の英語学習 
 


ハワイ小中高留学をして現地校に入学するということは、語学学校のように「英語を学ぶ」のみならず「アメリカ国民としての教育」を受けることになります。よって子どもや保護者を取り巻く教育環境や価値観は、日本のそれとは大きく異なることになります。環境が変わることで、文化の違いに大きな戸惑いを感じることも予想されますので、学習環境に適応するためには親子ともに事前の準備や心構えが大切です。
 
■ 渡航前の英語学習の準備について
私立校の留学には出願において英語スコアの提出や、面接における受け答えなどで学生の英語力が見られます。英語力の有無は合否判定や渡航後の順応にも影響を及ぼすので、時間に余裕を持って渡航準備が出来る場合は事前に心構えをしておきたいものです。
学校への順応を早めるには、困ったときに先生や友達に助けてもらえるような英語を身に付けると役立ちます。
  
【助けをもとめる際に使う表現の例】
 Coud you please help me? 助けてください。
 I am lost. 迷ってしまいました。
 May I go to the restroom? お手洗いに行ってもいいですか。
 I am not feeling well. 気分がよくないです。
  
こうした表現や学校生活でよく使う語句やフレーズを学習しておくと良いでしょう。
暗記に使うフラッシュカードを作ったり、保護者はスマートホンの学習アプリやメモ機能も便利でおすすめです。英語の教科書の勉強をはじめ、英語で日記を書く、やさしい英語の本を読む、テレビやラジオの入門講座、さらには最近ではインターネットの無料動画の利用なども学習に効果的です。さらに、英語の学習だけでなく学生生活のイメージがつかめるような映画やビデオを見たり、実際に英語を話せる人(アメリカ人が望ましい)と接するのもよりよい準備と言えるでしょう。
 
■ 現地渡航後の英語学習について
学校の中には英語を母語としない子どもだちに対し、第二言語としての英語教育コースであるESLコース(学校によって呼称が異なります)を設けている学校があります。ESLの時間数や内容、レベルなどによって学校によって様々です。HECハワイ留学支援センター取扱校の中にも、学校によってはこうした留学生向けのコースを設けている学校があるので、英語力に自信がない方にもご紹介が可能です。
 
 小中高留学学校データ:http://www.hecjapan.com/study_aboard

 
また日常の英語学習についてですが、親が共に渡航する場合、お子さんが持ち帰る宿題を保護者の方も一緒にやるのは効果的であると言われています。子どもに意欲的に学ぶ姿勢を手本として見せるという意味でも、保護者が一緒に英語やアメリカ文化を積極的に学んでいくことは支えになります。また、日本語でも意味や解き方を教えてあげたり、既にお子さんが知っている知識や言葉に関連付けて説明してあげることは理解を深めることにつながります。
 
■まとめ
言語習得には個人差が大きく、また留学開始時の年齢によっても差が生まれ、授業についていくための言語習得には地道な継続と時間が必要です。保護者の姿勢としては、一緒に渡航しているいないに関わらず、過度な期待やプレッシャーをかけたり他の子と過剰に比べたりせずに、お子さんが自信をもって言語習得していけるよう、支えていく姿勢を見せることが重要です。
  

  • メール相談&お見積り
  • 無料カウンセリング予約
  • 資料請求はこちら
  • 説明会申込み
  • 運営事務局
  • 関連サイト