ハワイ留学するなら信頼と実績のハワイ留学支援センターへ

  • instagram
  • facebook
  • twitter
  • line
  • wechat
0800-600-4923
アクセスマップ

ハワイ4年制大学留学を目指す方必見 コミュニティカレッジとは?

  


 
留学を考え始めた方の中には、おそらく日本で馴染みの薄いアメリカの教育機関にどんなものがあるかわからない、という方もいらっしゃるかと思います。
ここでは4年制大学を目指す学生が多く進学する「コミュニティカレッジ」についてご紹介していきます。
まずはコミュニティカレッジの概要と、留学する魅力を、その成り立ちや特徴と共に掘り下げていきます。
  
● コミュニティカレッジ(Community College)とは
    
コミュニティカレッジとは、日本でいう短期大学にあたる公立の2年制大学です。
「Community」という言葉が「地域」を意味するように、コミュニティ・カレッジはもともと地域住民に対し、リーズナブルな学費で誰にでも教育の機会を提供すること、を主旨とした学校です。
コミュニティカレッジは主に「大学教育」と「職業訓練」に力を入れており、前者は主に4年制大学への編入を目指す学生が多く、後者には手に職をつけて卒業後に地元で就職する学生が多く在籍しています。
留学生に限らず、4年生大学の卒業を目的とする学生の多くはコミュニティカレッジを経由して、4年生大学の3年次へ編入していきます。一般的にコミュニティカレッジから大学へ編入するときは、単位の移行などの理由から同一州内の学校へ行く学生が多いですが、他州の学校や、日本を含む海外の学校へ編入することも条件によっては可能です。
 
また、上記にてコミュニティカレッジは2年制の大学と紹介しましたが、アメリカの学校は在籍年数ではなく各々の学生の取得単位によって卒業時期が前後します。したがって就学必須時期ではない夏学期もきっちり就学することで、卒業時期をさらに早めて合計の留学期間を短くすることも可能です。ちなみにハワイ州内のコミュニティカレッジでは、ハワイ大学をはじめとした4年制大学への編入が頻繁に行われています。
 
職業訓練コースではその地域に根差した個性的なプログラムが高く評価されている例も多く見受けられます。例えばハワイ州内では、ホスピタリティ・観光学・調理学といったハワイならではのプログラムが多数あります。学校卒業後、OPT制度(オプショナル・プラクティカル・トレーニング)を利用してハワイ州内およびアメリカ国内で仕事がしてみたい、という学生には職業訓練コースで興味のある科目を専攻するのもおすすめです。

ハワイにはハワイ大学機構のうちの、7つのコミュニティカレッジが存在しています。
オアフ島・ハワイ島・マウイ島・カウアイ島にカレッジがあるので、有する専攻や土地の好みで学校を選ぶことができます。また、どの島のキャンパスからでもハワイ大学機構の中であれば単位の移行はスムーズに行われています。
 
4年制大学を目指すあなたが、コミュニティカレッジを経由するメリット
  


 
それは「入りやすさ」と「学費の安さ」にあります。元来「誰にでも平等に大学教育を与える」ことをモットーとするコミュニティ・カレッジは、現地の学生に対してはいわゆる全入制(open admission)をとっています。そのため、カレッジには様々な人種・国籍・性別の方が通い、多様性豊かな学習環境があります。
 
さらに4年制大学と比較し、多様性の拡充に積極的な学校は留学生に対しても求める英語スコアが低いのが特徴です。TOEFL、IELTS、ケンブリッジ英検といった国際的な英語試験のみならず、近年では日本人にも馴染み深い英検やTOEICを正式なスコアとして認める学校も多くあります。ハワイ州のカレッジでも、最も規模の大きいカピオラニ・コミュニティカレッジは、英検およびTOEICを出願スコアとして認定しています。さらに学校によっては付属の英語プログラムを設け、英語スコアなしでも入学できるルートを持つ学校もあります。
  
そしてカレッジの授業料は、4年制大学のおよそ1/3~1/4とも言われています。4年制大学では年間数万ドルの学費になるため、これは留学生にとってカレッジを経由する大きなメリットになります。つまりコミュニティカレッジで2年間学び、それから四年制大学の3年次に編入すれば、4年間の大学教育のうち最初の2年間の学費を大幅に節約することができます。
   
大学進学を目指す学生は、こうした理由によりコミュニティカレッジからの編入学をメリットの大きい方法として捉えています。
留学プランニングの際は、こうしたシステムを活用して自身の希望と目標に合ったルートを計画するのがおすすめです。
より詳しい留学プランのご相談はお気軽にカウンセラーまでお問い合わせください。
 

booking

  • メール相談&お見積り
  • 無料カウンセリング予約
  • 資料請求はこちら
  • 説明会申込み
  • 運営事務局
  • 関連サイト